デザインについて

ご利用ガイド

ようこそ ゲスト 様

デザインについて

入稿条件・型データについて(完全データご支給のお客様へ)

完全データ作成方法

各アイテムの型データ(入稿条件)をご使用ください。
スムーズに印刷工程に入れるよう、入稿条件をよくご覧ください。

データ入稿方法

テニトラスサイトの「データ入稿はこちら」をご覧ください。



ステップ①:ご注文確定後にご注文確定メールが届きます。
ステップ②:そのメールに記載の「受注番号」 会員登録時の「メールアドレス」を入力ください。
ステップ③:「ファイルのアップロード」へデータをドラックアンドドロップでアップし
「送信ボタン」をクリックください。(ZIPデータのアップロードお願いいたします。)
※CD-R、USBでの受付も可能ですがご返却は致しかねます。作業後、当社で廃棄致します。

データの保存形式

・illustratorでのデータ入稿となります。保存形式 illustrator.AI保存 CS3以下にしてください。
・それ以外のデータはお請けできない場合があります。
・デザインデータはJPG/PDF/Word/Excel/Powerpointは不可です。

色指定(色調整)方法

試し刷りでの色調整に関して、試し刷りデータ作成方法をご覧ください。
・試し刷りで色指定(色調整)をされたお客様
本制作用データを入稿する際に必ずお客様側でご指定の色味に変換したデータを入稿してください。
特に、試し刷りで複数カラーチップを並べられたお客様はご注意ください。

入稿後のデータについて

入稿後に不備がある場合は、お客様の方でデータ修正したものを再度入稿していただきます。
弊社でデータの修正はおこないません。
ご入稿当日のデータは、3日以内にデータを確認致し、不備の有無、不備がある場合は 修正箇所のご連絡をいたします。

試し刷りについて

試し刷りとは

本番と同じ生地(素材)で色味をご確認いただく有料オプションです。本番と同様の素材に出力したものをお届けいたします。 本制作目に行う事で、色味の出力加減は分かるものになります。

試し刷りサイズは原寸ではありません。
商品によってA4~A2程度の生地に全体縮尺又は一部等倍の印刷となります。加工は行いません。
※一部等倍はデザインが細密なものを確認する際におすすめしております。

商品(1デザイン)につき、1枚の試し刷りが基本となりますが、1デザインにつき複数枚の試し刷りが必要な場合はご希望の数量を入力してください。
同一商品で、異なるデザインをご希望の場合、デザインごとに試し刷りと商品をそれぞれカートに入れてください。

試し刷り注意事項

  • 試し刷りをされない場合、色味に関して保障しかねますので予めご了承ください。
  • 商品により印刷方法、生地、素材が異なり色味の調整ができない場合があります。
  • 印刷機の再現力に限りがあり、仕上がりの色味や風合いも異なります。
    ※色味の許容を超えている場合は、お問い合わせください。
試し刷りデータ作成方法

完全データご支給のお客様は、試し刷りデータ作成方法を必ずご確認いただき、お客様側でデータをご用意ください。

色調整について

色調整とは

・コーポレートカラー、スクールカラーをご希望の指定色に近づける工程のことです。
・DICやPANTONEの特色インクを使用するわけではなく、デザインデータ上のCMYKを調整します。
・指定色に調整をご希望の場合は、例)DIC156(赤)、DIC223(青)、PANTONE2258(緑)のようにご指示ください。
・指示方法:完全データご支給のお客様は、デザインデータ上に記してください。弊社へデザインをご依頼される場合は、デザイン依頼内容と合わせてメールで指
示してください。

色調整費用計算方法

1商品1色につき2,500円となります。
ご希望の場合は、色調整費をカートに入れ、ご注文手続きをおねがいします。
例)商品A DIC156(赤)、DIC223(青)の2色・・・2,500円X2色=5,000円
商品B DIC156(赤)の1色・・・2,500円
=7,500円の費用が発生致します。
※同色でも、商品が異なった場合は、色調整費が発生いたします。
※黒と白は色数に入りません。
※金銀などメタリックは色指定ができません。

色調整ができない場合

・CMYKのご指示を頂いても色調整は出来ません。例)C100/M50/Y30/K0に調整したい など
完全データご支給のお客様で、DICまたはPANTONEの指定色がない場合は試し刷りの時点でCMYKのカラーチップを複数並べるなどの方法もございます。
試し刷りデータ作成方法を参考にしてください。
・グラデーションや特殊効果、画像(画像)部分は、色調整が基本不可です。色調整が可能なのは、ベタ塗り部分のみとなります。
・現物(布や紙)の色見本、PDFやJPGなどのデータ類は色見本にすることはできません。 

色調整に関する注意事項

商品によって同じ色指定をしても色味が異なる場合があります。
印刷機(印刷方法)、生地(素材)、温度など様々な状況下によって仕上がりの色味が異なりますので、予めご了承ください。